”高校生紳士あーる”の起業家日記

とある高校生のブログ。

何かのプロになる方法。

こんにちは。あーるです。

僕はよくスターバックスに行くのですが、スターバックスって意外と便利で、お持ち帰り用の紙袋をおしゃれなブックカバーにしたり、ギフト袋を止める小さなカードがしおりに便利だったり...

 

それはさておき、

今回はプロとアマチュアの違いからみて、プロになる方法について書いていこうと思います。

 

プロは毎日やってる。アマは気が向いたときにやってる。

プロはそれが仕事なので毎日その物事について関わっています。それで食べているのですから当然全力で頑張りますよね。

 

一方アマは趣味としてその物事をやっているので別に1番になってもならなくても、全力でやってもやらなくても本人次第です。

 

 

つまり、あなたが本気でプロになりたいならばその物事に対して中途半端になってはいけません。

 

 

とくに学生や会社員の皆さんがもし、あることでプロになりたい、プロ並みに稼ぎたいというのならば本業を理由にさぼってはいけないのです。

 

 

 

顧客は何に対価を払っている?

マチュアの創作家などに多いのが、少しの妥協。

 

そんなことないでしょ。と思う方もいるかもしれませんが少なからずまずまずの完成度に満足している人が多いのです。

 

プロであるには常に完璧を求め、探求し続けなければなりません。

 

なぜプロは報酬が多いのか、なぜプロは仕事がくるのか。

それは、限られた人にしかできないクオリティ、能力、技術を持ってるからです。

 

 

プロになりたいなら自分の価値を上げろ

多くの人が簡単にできることには誰も対価を支払いません。

その人しかできないから仕事を依頼するのです。

 

何かのことを極め、少数のうちの一人になること。

つまり自分の価値を上げるということが必要なのです。

 

自分の価値を上げるにはほかの人と違ったことをしなければなりません。みんなと同じことやっているだけではみんなと同じものしか得ることができないのです。

 

 

 

プロになるには

みんなより努力する、練習する、経験を積む、知識を積む必要があるのです。

 

ぜひ何かのスペシャリストになりたい、プロになりたい、プロ並みの人間になりたいと思ったならば今すぐに上記のことを考えながら行動に移してみてください。

 

成功することを祈ります。

 

ロゴの依頼はこちら↓

coconala.com

 

 

 

RUProduction Group   代表 あーるん 

R's Collection ( R's Collection )

仕事の依頼は→ ryoulego2000@gmail.com