”高校生紳士あーる”の起業家日記

とある高校生のブログ。

究極のLUXURY

こんにちは。久しぶりに更新になります。RUProductionのあーる(Ryo)です。

RUProductionのコンセプト、LUXURY QUALITYについて、メンバーや役員さんにも何回か社内コラムで説明しているのですが、今日は、社外に向けて説明をしたいと思います!

 

f:id:ryoulego2000:20171111175919j:plain

 

そもそもLUXURY(ラグジュアリー)って何でしょうか。

ラグジュアリーから連想される言葉、

豪華、贅沢、優雅、エレガント...などですね。

 

僕は本当の豪華、贅沢とは、人それぞれ違っていると思います。

つまりは、その人が心地よいもの、快適なものがその人にとっての本当の贅沢であり、それ以上それ以下は心地が悪い=下品 であると思うのです。

さらに優雅、エレガントも同様です。下品でないこと、そして心地の良いもの。

 

人ぞれぞれ違う快適の具合、種類。決して妥協は許されない、そして蛇足も許されないこのLUXURY。

それは顧客が本当に必要とするニーズ(快適さには潜在的なものも含む)をみつけ、妥協せず常に最高を提供することにつながります。

QUALITY(クオリティー)とは、品質。

そういったLUXURYを徹底した品質のサービスや商品をRUProductionでは提供していきたい、という意味を込めてコンセプトを”LUXURY QUALITY”にしました。

 

さらに、このコンセプトはプロダクトだけでなく、メンバーや役員、これからの社員の仕事、勤務の在り方についても言えます。

 

「切羽詰まることもなく、怠けることもなく。」当たり前のことだけど、いざというときに忘れてしまうこと。そしてわかってはいるけど何かミスをしたり、予測不能なことがおこり、パニックになってしまった時こそ、「心に余裕(=心地が良い)をもってベストを尽くす。」仕事の質も、生活の質も、LUXURY QUALITYを。

 

RUProduction Group